お知らせ

新春のごあいさつ:2019年もどうぞよろしくお願いいたします

2019/01/05

shinsyun

北陸マインドフルネスセンターの羽利です。

新年、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は、北陸マインドフルネスセンターとしては開業3年目の年でした。

振り返ると、小さいながらも新しい活動を始めることができた転機の年でもありました。

中でも、大田健次郎先生を招聘した公開講座から、マインドフルネス瞑想療法士育成講座を金沢で開講することができました。

講座での学習効果が高まるように大田健次郎先生と話し合い、これまでの育成講座にはなかった取り組み課題にも向き合っていただきました。

後半にかけて、失速することなく、今後の支援への意欲をぜひ高めていただきたいと考えています。

順調に行けば、2019年の春には、9名のマインドフルネス瞑想療法士が誕生します。
(富山、石川、福井、兵庫、奈良からご受講)

すでに北陸マインドフルネスセンターのトレーナー・エキスパートスタッフの採用条件を公表しており、条件をクリアするにはまだまだ研鑽が必要となりますが、チームでセンターを運営できることを願っています。

3月までの残りの講座を有意義なものになるようサポートしてまいります。

自由自在塾は、株式会社ENSOU小森谷浩志さんと開催させていただき、昨年で4回目(石川では3回目)でした。

私のLIFE SHIFTを飛躍的に推し進める機会となった自由自在塾には、例年、経営者、組織の中で常に先を読み、変化する環境に適応し続けるリーダーたち、起業者、起業準備中の方たちが集まってきます。

昨年は、キャリアの転機を迎える女性リーダーたちが集合した女子会でした。

美しく、美味しい金沢とともに、無意識だったブレーキを外し、自分を深める2泊3日となりました。

2019年も開催が5月24日(金)〜26日(日)と決定しています。

今年もどんな仲間に出会えるかを心待ちにしています。

また2018年は、2年間、人数が定員に満たずに開催できていなかった自己洞察瞑想療法/瞑想法グループレッスンを開講することができました。

受講者のみなさんの症状や受講の動機はそれぞれ異なりますが、自分をよりよく変えていく前向きな方々の熱心な取り組みにより、1セッションから8セッションまでをグループで行うことになりました。

本当に取り組みに頭が下がります。

人生には、善い時もそうでない時もありますが、学ぶ意欲、よくなりたいと言う意欲を原動力とする「ひたむきな姿」に数ヶ月間、伴走するのは私の喜びでもあります。

2019年は、2コース開講できるように計画しております。
ホームページのチェックをくれぐれもよろしくお願いいたします。

2019年も、自己洞察瞑想療法/瞑想法を核に据え、4年のトレーニング期間を得て取得した国際的なライセンス:フェルデンクライス・プラクティショナーとしても心とからだをつなぎ、よりよく生きるためのお手伝いができればと思います。

また、新しい企画として「アクティブ・ブック・ダイアログ(ABD)」という技法を用いた読書会も開催できました。

鈴木大拙の「禅」を、「アクティブ・ブック・ダイアログ(ABD)」で読むというのは、大半の参加者には簡単なことではなかったことと思いますが、

回を重ねていくことで、「あー、そういうことだったのか!」という、腹落ちや大拙の思想を知る楽しさがあったと推測します。

これからも、この手法を用いながら、マインドフルネスに関連する様々な本をワイワイ・ガヤガヤと楽しく読んで行きたいと思います。

今後のレッスンスケジュールは→こちらから

4年目の2019年、北陸でマインドフルネスを継続的に学び、実践できる場として、前進していく所存です。

皆さま、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

株式会社ラーニング・ライツ 代表取締役
北陸マインドフルネスセンター 代表 羽利 泉

-お知らせ