センターの事業内容

cropped-1209_5.jpg

北陸マインドフルネスセンターとは

北陸マインドフルネスセンターは、株式会社ラーニング・ライツのメンタルヘルス事業部が運営するマインドフルネスの実践とソマティクス・エデュケーションのプログラム提供を専門に行う事業ユニットです。

北陸にできた初めてのマインドフルネスとソマティクス・エデュケーションの拠点です。

当センターでは、下記の事業を通し、クライアントの自己成長をサポートしています。

企業向け研修・イベントの企画と実施

1.体験型や内省型のメンタルヘルス研修の企画・実施
2.マインドフルネス関連講演会・研修会・ワークショップの企画・運営
3.マインドフルネスに関連する旅の企画・実施

研修の概要はこちらでご案内しています。

個人・グループ向けレッスン

1.マインドフルネスの実践の支援
マインドフルネス心理療法:自己洞察瞑想療法(SIMT)による
・うつ・不安障害からの回復支援(セラピー)
・自己実現の支援(カウンセリング・キャリアコンサルティング・コーチングの統合)

2.フェルデンクライス・メソッドによる心身の学習

などを、心理学・哲学・脳神経科学・機能解剖学を根拠として支援を行います。

レッスンの概要はこちらでご案内しています。

プログラムの特徴

苦痛を減らし、本来の自分の力を柔軟に創造的に活かせるようにサポートしています。

マインドフルネスの実践をベースに、プログラムが知識習得に終わることなく、日常生活の中での実践を促進・継続することを重視しています。従来は心理療法が担ってきた領域に、身体の動きとその気づきを活かし、からだと心の両面からのアプローチします。

それぞれのプログラムの考え方を記します。

マインドフルネス(Mindfulness practice)

マインドフルネス心理療法の1つ「自己洞察瞑想法/療法(SIMT)」で、
葛藤やストレスの低減や精神疾患からの回復を、治療的観点に偏らず、自己成長の観点から支援します。

主には、独自の呼吸法・自己洞察法の実践によって、自分を少し離れたところから観察するスキルを身につけ、無意識に自分が陥っている思考や感情に気づき、距離を置くトレーニングを支援します。

それにより、葛藤やストレスを減らし、より良い人生を創造していくプロセスをサポートします。

ソマティクス・エデュケーション(Somatics education)

心とからだを1つとみなす身体教育法のことです。

ヨガが導入されるマインドフルネスセンターが多い中で、当センターでは脳神経科学と機能解剖学を根拠とした「フェルデンクライスメソッド」を扱っていることが最大の特徴です。

からだと心は「身心一如」です。切り離せるものではなく本来1つです。
そのため、強いストレス、積み重なるストレスは、身体反応・身体症状となって現れることがあります。

痛み、緊張、こわばり、コリなどは、整形外科的な問題の外に、無意識・自動的な心と体の使い方の習慣が問題となって潜んでいることがありますが、見落とされがちです。

フェルデンクライスでは、痛みや努力を感じながら、筋肉を伸ばしたり・鍛えたりする必要はありません。

骨格を軸に、繊細な動きのプロセスを通して、自分のからだを嫌悪することなく受け入れ、痛みを感じない、自分だけの快適な動きを見つける「脳の学習」を促進します。

からだと心の動きに注意を向け、1人1人異なる特徴を持った私たちの体が、より楽に動けるよう動きを探索しながら、動きや姿勢の質を改善していきます。

 

自分を苦しめたり、痛めたりする習慣を丁寧に変えていくこと

長く生きていると、思考やからだの動きのパターンが決まってきます。脳が覚えた慣れ親しんだパターンを、脳が再学習するには時間がかかります。今まで近道をしようとして見逃してきた自分のクセ、1人ではわからないようなクセをトレーナーやレッスンのメンバーとともに見つけて変化に弾みをつけます。

人の変化や成長は、予想ができないということ

人は、いくつになっても変われます。障害や病気であっても、克服や回復の途中にあります。
急ぐことは苦しみの始まりです。焦らず、丁寧に、自分に向き合う時間は、じれったいと感じることがあっても、思わぬ気づきが、劇的な変化に導くことがあります。
短時間でダイナミックに変わる場合もありますが、ゆっくりと脳の可塑性が進み時間をかけて変わっていく場合もあります。

学び方(変わり方)を学ぶこと(learning to how to learn)

どうしたら自分の状況を変えていけるのか。様々なノウハウ・コンテンツが文字となって溢れています。頭で理解できたことがなぜ自分の習慣にならないのでしょう。

理由の1つに習慣を変えるプロセスがクリアに見えていないことが挙げられます。「変化のプロセスから学ぶ」ということが北陸マインドフルネスセンターの学びの鍵です。

 

トップページに戻る

2017/09/16