こころを楽に〜自己洞察瞑想療法〜 参考となりそうな番組・書籍のご紹介

重版決定:「不安、ストレスが消える心の鍛え方 マインドフルネス入門(清流出版 大田健次郎著)」でマインドフルネスへの理解を深める

%e6%9c%ac

自己洞察瞑想療法を開発されたマインドフルネス総合研究所の大田健次郎先生の不安、ストレスが消える心の鍛え方 マインドフルネス入門の重版が決まりました。

精神的にツライ状態で、このホームページにたどり着かれた方におかれましては、

すでにうつ・不安障害を治すマインドフルネス―ひとりでできる「自己洞察瞑想療法」のことはご存知の方も多いと思います。この本は、自己洞察瞑想療法で10ヶ月間使用するテキストです。

その一方で、不安、ストレスが消える心の鍛え方 マインドフルネス入門は、

精神疾患のメカニズムや、精神疾患がマインドフルネスの実践でなぜ治っていくのか、マインンドフルネスとはそもそも何ぞや、背景にある理論や哲学などを知ることができます。

西洋からの浅いマインドフルネスだけでなく、「完治」に向けて後押ししてくれる、東洋・日本ならではの深いマインドフルネスにも触れることができると思います。

入門とはいえ、これ1冊でかなり、うつや不安障害を直すマインドフルネスのことがよくわかると思います。

なぜ、マインドフルネスで治るのか、半信半疑の方は、焦らずゆっくり読み進められると良いかもしれません。

文字情報ではなかなかすんなり頭に入らないかもしれません。
新しい知識がすんなりと入らないのは、体験と結びついていないからです。

ですから、何か体験と知識を結びつける学習が必要です。
「頭(脳・心)」で理解しようとする癖に頼らずに、「からだ」と一緒に学んでいきましょう。

そのためのヒントがたくさんあると思います。

よく読まれている記事

1

トレーナーの羽利です。 このところ、立て続けに、友人に「マインドフルネスが流行ってるよね〜」って言われるんですが、未だそう感じることができない私です。 さて、今回の質問ですが 「マインドフルネス瞑想を ...

2

お待たせしておりました、自己洞察瞑想療法のテキストであるうつ・不安障害を治すマインドフルネス―ひとりでできる「自己洞察瞑想療法」のガイドブックが完成しました。 完成したもののボリュームが100ページに ...

3

私たちが抱えている心身の症状というのは、ある日ピッタリとゼロになる訳ではありません。 たとえ、気にならなくなって、調子がよくなったなと思っても、からだの症状であれば、気候の変化や仕事の繁忙、人間関係の ...

Rehab Los Angeles