西田幾多郎哲学館にて

西田幾多郎の哲学の動機に、胸を打ち抜かれる

哲学

西田幾多郎記念哲学館の資料室の壁に掲げられているこの一文。
【哲学の動機は「驚き」ではなくして、深い人生の悲哀でなければならない】

今は、悲しくていいんだ、つらくたっていいんだ、苦しくたっていいんだ、

そこからどうやって自分を開放していくか、西田哲学から教わることができるのだろうと思えてきます。

次々と家族を失う悲しみ、思うように行かなかった若い頃のキャリア形成のプロセス。

西田哲学は、西田幾多郎博士の悲しみや苦悩の連続の中で生み出された偉業。

自己洞察瞑想療法(SIMT)は、西田哲学をベースにしている理由を垣間みます。

よく読まれている記事

1

トレーナーの羽利です。 このところ、立て続けに、友人に「マインドフルネスが流行ってるよね〜」って言われるんですが、未だそう感じることができない私です。 さて、今回の質問ですが 「マインドフルネス瞑想を ...

2

トレーナーの羽利です。 北陸マインドフルネスセンターでの自己洞察瞑想療法(以下SIMT)の8ヶ月のセッションを終えられたクライアントさんが体験談をお寄せくださいました。 同じように苦しまれている方の助 ...

3

トレーナーの羽利です。 前からずっと作りたいなと思っていた、ガイドの動画・音源の1つがようやく完成しました。 ボディスキャン(あおむけ)用です。 ボディスキャンは、マインドフルネスのひとつの実践方法で ...

Rehab Los Angeles